守秘義務

◯守秘義務

◇守秘義務とは

一定の職業や職務に従事する者・従事した者・契約をした者に対して、法律の規定に基づいて特別に課せられた、「職務上知った秘密を守る」べき法律上の義務のこと

◇法律

刑法 第134条
→第1項:医師、歯科医師、薬剤師、助産師

国家公務員法 第100条

地方公務員法 第34条

独立行政法人通則法 第53条

国立大学法人法 第18条

弁護士法 第23条

司法書士法 第24条

行政書士法 第12条

公認会計士法 第27条

税理士法 第38条

郵便法 第8条

電気通信事業法 第4条

電波法 第59条

技術士法 第45条

保健師助産師看護師法 第42条の2
→保健師、看護師、准看護師

診療放射線技師法第29条
→診療放射線技師

臨床検査技師、衛生検査技師等に関する法律第19条
→臨床検査技師、衛生検査技師

理学療法士及び作業療法士法第16条
→理学療法士、作業療法士

視能訓練士法第19条
→視能訓練士

臨床工学技士法第40条
→臨床工学技士

義肢装具士法第40条
→義肢装具士

救急救命士法第47条
→救急救命士

言語聴覚士法第44条

→言語聴覚士

歯科衛生士法第13条の5
→歯科衛生士

歯科技工士法第20条の2
→歯科技工士

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律第7条の2
→あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師

柔道整復師法第17条の2
→柔道整復師

精神保健福祉士法第40条
→精神保健福祉士

中小企業診断士の登録及び試験に関する規則

探偵業適正化法 第10条

柔道整復師法第17条の2

自衛隊法第59条

不正競争防止法第21条

◇契約

秘密保持契約(機密保持契約、守秘義務契約)

「スタッフ(従業員)教育」へ戻る

「リスクマネジメント」へ戻る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です