言語聴覚士法第44条

言語聴覚士法第44条

(秘密を守る義務)
言語聴覚士は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。言語聴覚士でなくなった後においても、同様とする。

「守秘義務」へ戻る

「リスクマネジメント」へ戻る




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です