視能訓練士法第19条

視能訓練士法第19条

(秘密を守る義務)
視能訓練士は、正当な理由がある場合を除き、その業務上知り得た人の秘密を他に漏らしてはならない。視能訓練士でなくなつた後においても、同様とする。

「守秘義務」へ戻る

「リスクマネジメント」へ戻る




個人情報保護法22条

個人情報保護法22条

(委託先の監督)
個人情報取扱事業者は、個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人データの安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。

戻る

「守秘義務」へ戻る

「リスクマネジメント」へ戻る




個人情報保護法20条

個人情報保護法20条

(安全管理措置)
個人情報取扱事業者は、その取り扱う個人データの漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならない。

戻る

「守秘義務」へ戻る

「リスクマネジメント」へ戻る